カテゴリ:風景( 13 )
藍色
 『弁天池』(嘉万・別府)

 この「藍色」が見たくて、つい寄り道してしまう(笑)
 また、湧水から流れ出す清流には「ベニマダラ」の赤色も鮮やかだ・・・

 『ベニマダラ』 Hildenbrandia rubra (Sommerfelt) Meneghini
 ベニマダラ目 ベニマダラ科   環境省の準絶滅危惧種

 
d0074828_22522793.jpg


 
d0074828_22524171.jpg


 
d0074828_2253187.jpg


 
d0074828_22533671.jpg


 
d0074828_22535054.jpg

by eomai | 2017-01-27 22:54 | 風景 | Trackback | Comments(0)
須佐 ホルンフェルス
 ホルンフェルス (山口県・須佐)

 山口の誇る観光地のなかに、此処のホルンフェルスがある...
 秋吉台(秋芳洞)と共に有名です。

 ホルンフェルス  「anchor.png」

ホルンフェルスとは、もともと、割ると角張った破面で割れることから角石の意味で
ドイツ語でホルンフェルスと言われています。

変成岩の一種で、熱による変成(接触変成作用)によって生じる接触変成岩のことです。
白い部分は砂岩層(さがんそう)、黒い部分は泥岩層(でいがんそう)からなる須佐層群
積してできた須佐の地層)に高温の火成岩体(高山はんれい岩)が貫入(←噴火したんですね)し、
その熱作用により変成岩(接触変成岩)(要はやけどです)に変化したもので、
実際の「ホルンフェルス」と学術的に称されるものは、縞模様の断層部分ではなく、
もう少し先のほうにあるんです。やけどの程度がひどく、
黒雲母と呼ばれる鉱石に変わってるのが本来のホルンフェルスだそうです。
綺麗に露出している断層部分の縞模様は、軽いやけど程度ですが、
広い意味でホルンフェルスとされています。
決してホルンフェルスの特徴があの縞模様の断層ということではありません。


  ※ 須佐観光ページより引用


            <クリックで拡大します>

 
d0074828_2144459.jpg


 
d0074828_21441753.jpg


 
d0074828_21442664.jpg


 
d0074828_21444030.jpg


 
d0074828_21445336.jpg
 
by eomai | 2013-10-23 21:45 | 風景 | Trackback | Comments(4)
静寂
 神秘の池

 其処に立つと、湖面に吸いこまれそうなる。
 静かで 柔らかくて 美しい 「深山の湖」

          <クリックで「拡大」します>

 
d0074828_20204824.jpg



 ※ 昨夜の台風の影響で深夜2時まで寝る事が出来ませんでした・・・停電も有りました。
   今朝は倒れた看板を直したり養生してた場所の片づけに追われました...
   「大工の源さん」が持ってるカケヤ(大きな木槌みたいもの) そのカケヤで、くい打ちも
   しました(笑) 筋肉痛・・・くるかなぁ~~(笑)

   ご心配をお掛け致しておりました・・・<(_ _)>  幸い大きな被害も無く通過してくれました。
   有難うございました。
by eomai | 2013-10-09 20:32 | 風景 | Trackback | Comments(9)
生きる
 い き る

 そこが与えられた場所 与えられた環境 そこで・・・生きる

 
d0074828_21592563.jpg



 ※ 少し気になる事がありましたので追記しておきます。

 記事ランクで「石柱渓」がトップに来ていますので・・・少し記しておきます。
 渓流&滝の撮影は、一見 涼しそうで楽しそうに見えますが 私の撮影スタイルの中で
 1番過酷かもしれません......まず虫対策をしっかりする事(蚊以外の蚋(ブヨ)に注意です)
 これには蚊取り線香や虫よけスプレーは効きません!!サルチル酸の含有量の多い物を
 私は使用します。
 そして水分補給(500mm×3本)はバッグに入れて行きます 着替えも2~3枚
 足元は長靴ですが靴底にフェルトスパイクの付いたものを履いて行きます。
 ローアングルでの撮影が多くなります。体制もきついですし膝も痛いです。
 物凄い量の汗が出ます。汗が何度も目に入ります............暑さと共に過酷です。
 
 ND(F)やPLを使用しますので 三脚とレリーズは必需品となります(荷物も多くなります)
 また「マムシ」にも気をつけないといけません。。。
 
 軽装での撮影行は危険です.....怪我でもしたら楽しい撮影どころではありません
 十分な注意が必要です。
by eomai | 2013-07-23 21:59 | 風景 | Trackback
静寂
 湖水の古木

 タイトルは「静寂」としたのですが・・・ヒグラシの声が響き渡り 
 この句が 頭を過りました.......閑さや岩にしみ入る蝉の声 (松尾芭蕉) ^^

 風も無く 湖面は鏡のようで 水嵩もまずまず 撮影条件はほぼ満たされてました。


          <クリックで拡大します>
 
 
d0074828_2137524.jpg


 もう1枚

 
d0074828_21381039.jpg

by eomai | 2013-07-21 21:43 | 風景 | Trackback
見島牛
 
 岬の春 「牛と遊ぶ」

 連休明け、急遽 離島遠征へ行って来ました。
 今季の渡りを計算して行ったつもりできたが・・・そうは上手く行かないもので(笑)
 なかなか思い通りには行きません
 しかし、かねてからの念願の鳥に逢う事が出来ました ヽ(^o^)丿
 
 「見島遠征」のレポートは後日UPして行きます。
 4月25日に500mmレンズの不具合(入院中)でサンニッパとデジスコの2丁拳銃での出撃です。
 デジスコはどうしょうかなぁ~~と検討してましたが・・・これが功を奏しました。 

 元気印の更新で~~す 016.gif

 
d0074828_2257877.jpg

 
by eomai | 2013-05-11 22:56 | 風景 | Trackback | Comments(2)
うろこ雲
巻積雲

「うろこ雲」とは、秋によく見られる巻積雲(けんせきうん)のことです。

巻積雲・・・白色で陰影のない非常に小さな雲片が多数の群れをなし、
集まって魚のうろこや水面の波のような形状をした雲。絹積雲とも書く。
また、うろこ雲、鰯(いわし)雲、さば雲などとも呼ばれる事がある...

    <クリックで拡大します>

d0074828_22264758.jpg

by eomai | 2012-10-12 22:26 | 風景 | Trackback
角島
角島大橋

久しぶりに風景フォトを・・・・・・

   <クリックで拡大します>

d0074828_22231980.jpg

by eomai | 2012-09-25 22:23 | 風景 | Trackback | Comments(6)
角島
角島大橋

先日、空と雲が綺麗でしたので風景を撮ってみました ^^

<クリックで拡大します>
d0074828_22241068.jpg


d0074828_22241353.jpg


※ 連日 忙しくてしております..........今日で峠は越えましたが、来週まではまだまだかな~^^;
by eomai | 2012-08-15 22:26 | 風景 | Trackback
油谷の棚田
油谷(後畑)の棚田 「漁火編」

昨日に続いて・・・
夕陽を交えての撮影が終わると、暫くして漁火の点灯が始まります。
まだ空には夕陽の赤色の余韻を残し、棚田と漁火の幻想的な共演です。

    <クリックで拡大します>

d0074828_2285052.jpg


d0074828_2293537.jpg


d0074828_2294454.jpg

by eomai | 2012-05-26 22:10 | 風景 | Trackback