<   2008年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
漁火便り・・・
今年はイカ(剣先烏賊)の漁が例年よりも悪く出漁する船も少なかったのですが・・・
最近になり少しずつ釣れるようになり漁船の数も増えて来ました。
トワイライトが綺麗でしたので夕涼みがてらに漁火を撮ってきました。

「金箔の海」 イカ釣り漁船が金箔の海の上を出漁です。

d0074828_23513077.jpg


d0074828_23515060.jpg


「眼下に角島」



d0074828_23533969.jpg


夕陽も沈み トワイライトと漁火の共演です。<クリックすると大きくなります>
(この画像はクロスフィルタ-を使用しております)

d0074828_23543389.jpg


もう1枚(超広角で・・・)
d0074828_23552412.jpg

by eomai | 2008-07-29 23:58 | 山陰の夕陽 | Trackback | Comments(24)
こんな記事が・・・
このような記事が1つだけありましたので取り上げてみます。

>>、カエルが居なくなるだけでは蚊やハエが
爆発的に増える事はありませんよ。
水中にいる蚊の幼虫を餌とする生き物は沢山います
し、ウジにしても他の昆虫や生物の餌になります。
成虫となった蚊やハエも然り。
トカゲやヤモリ、鳥、コウモリ意外にも虫が虫を餌
とする訳ですから、ひとつの種だけで全体を捉えよ
うとするのは禁物です。
昆虫が爆発的に増えるのは、気候の変動にも大きく
影響されます。
(アフリカなどでバッタが数年周期で大発生するのが
良い例だと思います)
なので、カエルが居なくなる=蚊、ハエが増える
と直結させてしまうような発言は、あまり良いとは
言えません。 カエルが消えてしまうかもしれない事は、非常に
危惧すべきですが、間違った視点のままでいるのは、
逆に生物の食物連鎖、バランスを崩す事にもなりか
ねないので、気をつけてくださいね。

またこうも語っております。
>>ツボカビに関しては今のところ何も打つ手がない
ので、これが自然淘汰というのであれば、人間が
どうこうできる問題ではありませんよね。

カエルツボカビ病の第1人者でもある(麻布大学)宇根有美教授の文献をお借りしました。

自然生態系の食物連鎖構造に影響が出ます。つまり、 カエルの数が減ってしまうと、
カエルを餌としている動物の数も減ります。カエルの絶滅が他の動物の絶滅を招く可能
性があります。たとえば、カエルを食べる動物としてサギなどの鳥類やヘビなどの爬虫
類が減ります。カエルやヘビを常食とする種類のタカも餌がなくなります。オタマジャ
クシやカエルを食べるタガメやトンボの幼虫などの水生昆虫も減ります。あまり知られ
ていませんがイリオモテヤマネコもよくカエルを食べます。また、カエルはかなりの大
食漢です。沢山の虫を食べる益獣で、カエルがいなくなると害虫が増え、農業被害が増
える可能性があります。


この方は死んでしまうものは仕方がないと言う考えですが・・・
絶滅の危機があるのならば絶滅を避けるという考えはお持ちじゃ無いのでしょうか??
私は絶滅の危険性があるのならこの菌に汚染されない施設でこれらの種の存続を
考えるべきでは無いかと強く思います。

ブログで自分の意見を語るのは良いのですが・・・
くれぐれも慎重に語って欲しい物です。
by eomai | 2008-07-28 23:45 | その他 | Trackback
ニホンアマガエル
アマガエル情報

連日、暑い日が続いておりますが皆様お変わりはございませんか・・・
この猛暑の中「畦道」「ため池」「蓮田」と調査に協力して頂いて本当に感謝致します。
現在までの日本各地(一部地域を除く)の状況をお知らせ致します。
山口(北西部・北部) 奈良で観察出来ておりません。また富山・北九州でも数は少ないか
観察出来ておりません。他の地域でもその数は例年よりも少ないという地域が多いように
感じました(これは生活環境の悪化が原因かも知れません)
反対に昨年よりも多いと言う四国地方の嬉しい情報も届いております。
(※ あくまでもカエルの専門家の調査の結果ではありません)

現在の所一部地域を除き「カエルツボカビ症」は発症していないと考えられます。
私の住む地域でも何が原因でこのような状態になっているのか全く解りません。
沢山の情報の中で黒い色をしたアマガエル(生体)を2匹見たとも聞いてます。
私達個人としても今後も調査はして行くつもりですが、この辺りで専門家の方々へ
バトンタッチしたいと思っております。先日も広島から調査に入っておりました。

私の住む地域でアマガエルを見ないと言う異常事態から全国の皆様へお問い合わせ
致しました。もしこれが伝染病なら一刻も速く情報を集める事で対応出来るのではと
考えた結果でした。ブログの縦・横の繋がりから瞬時に情報を得られ大変嬉しく思っております
後手の対応が多い現代ですが、先手の対応が多くの命を救う事も出来るのではないでしょうか
私はカエルの専門家でもカエルが好きな訳でもありません...
フィ-ルドで出会う生き物が姿を消してしまうと言う事がとても悲しい事です。
救える命なら今のうちにと考えた結果がブログでのご質問でした。

全国から寄せられた情報は専門家の方へ提出したいと思っております。
また記事リンクされた方の皆様の所へコメントを入れて頂いた方々へはお礼のご訪問が出来ておりません。本来はご訪問して挨拶するのが筋なのですが・・・
この場をお借りしてご挨拶とさせて頂きたく思います。。

調査ご協力 本当に有り難うございました。

奈良にお住まいのechoes06さん 奈良を始め近郊の情報を随時教えて頂いて
本当に有り難うございます。 暑い中 感謝の気持ちで一杯です。
お時間が許す限り観察されてみてくださいねぇ~~♪

そして私の大先輩「紅さま」本当に有り難うございました。
紅さま無くして全国の情報は得られなかったと思っております。
エクセルでの表の作成までして頂いて 大変嬉しく思っております。
感謝・感謝です。。。

有り難うございました。
by eomai | 2008-07-28 23:25 | その他 | Trackback | Comments(12)
ヒメクロイラガ
ヒメクロイラガ

始めにこの名前を教えて頂いた「空とぶ父さん」 有り難うございました~~♪

前回UPしたこの毛虫(幼虫)ですが・・・
柿の葉がこのヒメクロイラガに食い尽くされ今では数枚しか残っていません。
此処には30年近く住んでおりますが、こんな事は初めてです。
このヒメクロイラガの発生前にはトンボエダシャクのような蛾も大量に発生しています。
県内で「蛾」の異常発生の事は何箇所かで耳に入っています。
例年ならこの柿の木の裏山では無数のアマガエルに出会う事が出来るのですが・・・
この蛾を餌とする彼らの存在が無い事がこれらの事態を招いているのかも知れません。

d0074828_22312453.jpg

by eomai | 2008-07-28 22:32 | その他 | Trackback
幼虫
識別の為UPさせて頂きます。

この幼虫並びに成虫の名前の確認の為UP致します。
ご存知の方は教えて頂きたいのですが・・・

d0074828_2334041.jpg

by eomai | 2008-07-25 23:34 | その他 | Trackback | Comments(12)
コシアカツバメ
コシアカツバメ スズメ目 ツバメ科

普段見かける「ツバメ」との違いが分かるでしょうか?
名前の通り腰が赤いのは分かると思いますが・・・
赤褐色の腰 お腹に黒褐色の細い縦班があるのがお分かりでしょうか。。。
普通種のツバメより少し大きく尾も長いのが特徴です。
また低空を飛ぶ事も少ないです。

コシアカ建設では今年2棟目の新居を建設中ですよ~~♪
仕事一筋 黙々と仕事をこなしています(笑)
短期間でこれだけ立派な巣を作るのですから・・・感心します。
筒状のひょうたんのような巣を作ります。

建設前の打ち合わせ風景です(夫婦で作るマイフォ-ム)
d0074828_23423040.jpg


巣材運びに入りましたよ~~♪
d0074828_2343249.jpg


d0074828_23434160.jpg


さて「飛び物」です。
d0074828_23441397.jpg


d0074828_23443060.jpg


d0074828_23444673.jpg


d0074828_23451151.jpg


☆アマガエル(ニホンアマガエル)情報は随時受付中です・・・
お気軽にコメントを入れてください 宜しくお願い致します。
by eomai | 2008-07-23 23:47 | 鳥見 | Trackback | Comments(18)
セッカ
草原のセッカ

草原の人気者 体の割りに賑やかな大きな声で鳴いてます(笑)
この子のUPをお約束していましたが大変遅くなり申し訳ありません。

☆アマガエル(ニホンアマガエル)情報は随時受付中です・・・
お気軽にコメントを入れてください 宜しくお願い致します。

d0074828_22335915.jpg


d0074828_2234213.jpg


d0074828_22344119.jpg


d0074828_223512.jpg


ネムノキが草原の緑にとてもよく映えていました。
d0074828_2235498.jpg

by eomai | 2008-07-21 22:37 | 鳥見 | Trackback | Comments(12)
~涼便り~
涼を画像に込めて・・・

お休みの日にアマガエルの調査を兼ねて滝の写真も撮って来ました。
お世話になった全国の皆様へ心ばかりの涼しさのプレゼントです。
涼を感じ取って頂けたら幸いです。

本格的な夏に突入して仕事の方も忙しくなって来ました。
雑用も溜まってきております(笑)
先週撮影の画像800枚の取り込み昨日撮影分400枚も残ってます(涙)
写真展用の画像の選出・・・レポ-トの提出・・・暑さも伴い心焦る毎日です。
何はともあれまずしなければいけない「アマガエル」の調査を1番と考えております。

とり急ぎ数枚リサイズ・ピックアップしてみました。

d0074828_0553613.jpg


d0074828_055544.jpg


d0074828_0561063.jpg


d0074828_0562470.jpg


d0074828_0564111.jpg


d0074828_0565892.jpg

by eomai | 2008-07-19 01:00 | 滝・渓流 | Trackback | Comments(18)
アマガエルについて・・・
全国のアマガエル情報 本当に有り難うございます。
例年よりも多いという地方、今年は少ないという地方・・・
この現象が全国的な物では無い事で、良かったと思っております。
しかし山口県内では確かに少ないのが現実です。
引き続き情報収集をすると共に観察を続けて行きたいと思っております。

リンクを貼って頂いた皆さん 心より感謝致します。

有り難う御座いました。

現在、関係各機関・大学専門分野(理学系)・報道機関ともに調査を行なっております。
原因究明が急がれる所ですが・・・結果が分かり次第ご連絡させて頂きます。
by eomai | 2008-07-17 23:47 | その他 | Trackback
アマガエル(ニホンアマガエル) 
・・・お願い・・・

梅雨前に1匹の「アマガエル」を確認しました。
例年だと雨上がりは数百匹のアマガエルの群れに出会います。
しかし今年はたった1匹のみの確認です。山や渓流付近でも姿を見る事がありません
ここ数日農家の方を始め蓮田をされている方にもお話を聞きましたが「アマガエル」の姿は見ないそうです。これは異常事態では無いでしょうか??

カエルツボカビ症(病)の感染も視野にいれなければ行けないかも知れません。
もしこの病気に感染していたとしたら生態系にもの凄い打撃を与えます。
人間とて害虫駆除をしてくれるカエルが居なくなれば「蚊」「ハエ」の異常発生もおかしくありません。

この現象が山口県北西部だけの物なのか?はたまた他の地域でもあるものなのか?これを皆さんにお聞きする事が大切な事だと思います。

ブログ交流は楽しくワイワイ行きたいものですが・・・こう言った事も重要な事ではないでしょうか??

皆さんのブログページにてお聞きして貰えませんか?そうする事で全国の情報が把握出来ると思います。

「カエルツボカビ症」に対応する為、農林水産省も緊急プロジェクトチ-ムを結成したと聞きます
一早く情報を集められるのが全国に点在するブログのお友達ではないでしょうか??

宜しくお願い致します。
by eomai | 2008-07-15 21:54 | その他 | Trackback | Comments(28)