2010年 03月 10日 ( 1 )
・・・血が騒ぐとき・・・

先日、スタッドレスから履き替えたばかりだと言うのに
まさかの「雪」そして強風 霙 雨 雷 停電(10回) 大荒れの1日だった。
気温も低く寒い寒い1日でした。こんな日は、炬燵で寝て居るわけないでしょう!!

合羽を羽織り長靴を履いてワッチキャップ、防寒手袋・・・・・・
風速8メートルですから大型三脚に大型ビデオ雲台 広角も持参

いざ 出陣!!

これを見て人は「馬鹿」と言う

三脚のストーンバックに7キロの石を詰めレリーズを握り瞬間を待つ
これでも強風でカメラは揺れる・・・
体は氷のように冷たくおそらく体感温度は-5度 目は涙で見えない
雨も横殴りで降り寄せる あまりの寒さで息も出来ない
おいeomai おまえは何故そこまでして撮る
そんな声が何処からか聞こえて来る・・・

何故だろう・・こんなにしてまで
何の為に撮ってるの これを撮って何があるの・・??
作品を狙っている訳でもない みんなに見せる為でも無い
絵描きが絵を描いているのと同じなのかな 美しいものを描きたい それだけかもしれない

そして これが撮れるのは こんな日しかないと言う事だ

少しブレていますが・・・スローSを切りました。

d0074828_2253148.jpg


d0074828_22533793.jpg

by eomai | 2010-03-10 22:57 | 壁島 | Trackback | Comments(22)