2010年 09月 26日 ( 1 )
トリカブト
美しき花

先日の遠征で初めて見た花だった。
紫の美しい花 この花が猛毒を持つトリカブトだったのか・・・

トリカブト(鳥兜・学名Aconitum)は、キンポウゲ科トリカブト属の総称。
日本には約30種自生している。 花の色は紫色の他、白、黄色、ピンク色など。
多くは多年草である。沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。

塊根を乾したものは漢方薬や毒として用いられ、附子(生薬名は「ぶし」、
毒に使うときは「ぶす」)または烏頭(うず)と呼ばれる)。
ドクゼリ、ドクウツギと並んで日本三大有毒植物の一つとされる。
トリカブトの名の由来は、花が古来の衣装である鳥兜・烏帽子に似ているからとも、
鶏の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われる。
英名は「僧侶のフード(かぶりもの)」の意。(ウィキペディアより引用)

<クリックで拡大します> いずれも鳥撮り用レンズを使用 ^^;
d0074828_23261212.jpg


「ツリフネソウ」
d0074828_23264764.jpg

by eomai | 2010-09-26 23:31 | | Trackback