タグ:ワルナスビ ( 1 ) タグの人気記事
ママコナ
 ママコナ 飯子菜 ごまのはぐさ科

 撮影は8月22日 実は今季初認の時にマクロで撮っておいたもの・・・・・
 今季は至る所で見る事が出来た、そして未だに咲いている (^^)
 新たな群生地も確認・・・ヽ(^o^)丿
 芸北でミヤジマママコナとシコクママコナを本気で撮っていなかったのが悔やまれる! ^^;

 
d0074828_20455571.jpg


 
d0074828_20461088.jpg



 「ワルナスビ」
 
 ワルナスビ(悪茄子、学名:Solanum carolinense)はナス科の多年草。
アメリカ合衆国南東部(カロライナ周辺)の原産。
日本も含め世界的に帰化している外来種である。
茎や葉に鋭いとげが多いうえ、垂直および水平に広がる地下茎および、
牛糞などに混じる種子でよく繁殖し、除草剤も効きにくく、一度生えると駆除しにくい。
耕耘機などですきこむと、地下茎の切れ端一つ一つから芽が出て独立した個体に再生し、
以前より増えてしまう始末の悪さである。
和名の「ワルナスビ」は、このような性質により付けられた[3]。

花は白または淡青色でナスやジャガイモに似ており春から秋まで咲き続ける。
果実は球形で黄色く熟しトマトに似ている。
しかし、全草がソラニンを含み有毒であるため、
家畜が食べると場合によっては中毒死することがある。
英語でも"Apple of Sodom"(ソドムのリンゴ)、
"Devil's tomato" (悪魔のトマト)などという悪名でも呼ばれている。

※ 以上、Wikipediaより

 
d0074828_2047491.jpg



 ☆ 以前「山に暮らせば」のKさんの所で見た事があった・・・・・・・・
    鋭い棘が沢山あるんだと記憶していた  MFでもあるんだ..........棘も確認した(笑) 痛い!!!
by eomai | 2013-10-04 20:51 | 山野草 | Trackback | Comments(4)